リフォーム業者の決め方は

マイホームも長年住んでいれば老朽化や不具合、故障が目立ってきます。また、インテリアや収納、見た目や使いやすさといった部分に不満が出てくることもあるでしょう。しかし、今や新築よりもリフォームの方が、需要があるということで、大手家電量販店のヤマダ電機や家具専門店のニトリなど、いろんな会社が住宅リフォーム業をやっています。

その為、消費者から見たら「どの会社に頼んだらよいのか分からない」という状況に。そこで、簡単に信頼できるリフォーム業者かどうかを見極める方法をお伝えします。最初に、リフォーム業者にはどんな会社があるのかという点ですが、現在でも一番利用頻度が高いのは、大工さんです。その理由としては、その大工さんが知り合いであったり、ご近所であったりして、簡単に頼みやすいといった理由があります。

ですので、小さい工事は大工さんや工務店に頼もうと思う人が多く、顔が利く場合は、いい材料で比較的価格の安いものを提案してもらえたり、きっちり予算の中で仕上げてくれるというメリットがあります。しかしながら、ライフスタイルを変えたい、使い勝手をよくしたいなどを希望する場合、その大工さんが果たして希望するイメージを理解して提案ができるのかどうかをしっかりと見極めないといけません。

専門分野に特化しており、技術力は高いですがプランや設計は弱い方が多いものです。 一方、リフォーム専門業者といえば、リフォーム工事を専門にしているわけですから、こちらのほうが経験もアイデアも豊富と理解できます。

しかし、仕入や外注面でのコストは低く抑えられますが、経営上の粗利益率が高くなるので、工事を請け負うのが結局は協力会社(下請会社)の工務店となることを踏まえると、結果として工事金額は大工さんや工務店などより高くなってしまいます。ですので、その工事に関しても自分の家が特殊な工法やマンションである場合は、同タイプの工事経験が豊富な工務店や専門にしている業者に頼むことをお勧めします。

リフォームの場合は、設備機器交換などの小さな工事でも頼まなくてはならないケースがありますが、こういう工事は総合工事請負会社などに頼まず、その分野の業者に頼むのもひとつの方法です。

地元の業者に依頼した場合、ケースバイケースに工事に対応してくれたり、リフォーム後も何かと相談に乗ってくれることもあります。つまり、リフォームへの要望をきちんとした実現するためには、営繕・請負 そして提案の要望によって、依頼する業者を変える必要があると言えるでしょう。

お気に入りサイト

2015年の挨拶は新しい年賀状!
新しい動く年賀状で送った相手をびっくりさせよう

↑ PAGE TOP